忍者ブログ

Diary

[137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

作業者 西澤
作業車両 180SX(RPS-13)
作業日 12月18日
作業時間 5時間
費用 6千円

運転していると急にハンドルが重くなりパワステポンプから
異音がする事が度々あったので、パワステフルードタンクを
チェックしてみると減っていました。ホース類を確認すると
接続部がオイルで滲んでおりホースのひび割れも確認できた
ので交換します。部品(ホース類)が届くまではとりあえず
パワステフルード交換をしておきました、タンクから古いフ
ルードを抜き取り日産純正のPSFを入れます。それでエンジ
ンをかけてハンドルを左右に数回切りまたフルードを抜き新
しいのを入れてハンドルを切る、を数回繰り返すと黒かった
フルードもだんだんと赤くなりました、これでフルード交換
とエア抜き完了です。
交換するホースは3本、そのうちステアリングギアボックス
に近いホースはたった6cmほどで1600円もするのでホーム
センターで売っている耐油ホース(数百円)で代用します。
交換作業自体は簡単なのですがホースバンドのネジが届きに
くい場所にあったりホースが抜けにくかったり、はまりにく
かったりしてかなり時間がかかってしまいました。純正部品
のホースクランプの形状が変化していて、締め付けるとゴム
を傷めるワイヤータイプからワンタッチタイプへ変わってま
した。これで取り付けも楽になりますしゴムを傷めることも
なくなります、代用するホースのバンドもワイヤータイプだ
ったのでホームセンターで売っていたTRIDON製(MADE
IN U.S.A 販売元はタカギで1年保障付)のウォームギア式
に変えました。フルードは交換してあるのでゲージまで継ぎ
足しエア抜きして完了です。
ハンドルが少し軽くなり異音もなくなりました、漏れもあり
ません。作業ついでに、エキマニ側のパイプに取り付けて
あったBLITZのブローオフバルブを取り外しました。純正
ブローオフがキャンセルされているのか確認していないの
でバックタービン仕様になったのかは不明です、(ふんで
もタービンが泣く(鳴く)音がしないので)今度確認して
みます。





PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
忍者ポイント広告
アクセス推移

(C) 2007-2008 AUAC

忍者ブログ [PR]